水洗髪のより高みの方法

5日に1回に挑戦毎日、厳格に水だけの洗髪を続けているうちに、3週間ほどで皮脂の分泌量が少なくなりはじめ、たいていは4~5か月ほどで皮脂腺はすっかり縮んで、皮皮脂の分泌量は「最盛期」の半分ほどに減るようです。そうなれば、ベタつきもニオイももはや過去のもの。なにより、頭皮や毛穴も健康な状態に戻り、この頃から髪にコシやハリが出てきたことを徐々に実感するようになるはずです。水だけ洗髪でも、あまり丹念に時間をかけて洗ったり、ときどきせっけんを使ったりしできないかもしれません。いずれにしても、髪にコシやハリが実感できるようになったら、意欲のある方はより「高み」をめざしてはいかがでしょう。毎日していた水洗髪の間隔を少しずつ延ばしていくのです。まず洗髪する日を1日おきにする。次に2~3日に1回にしてみる、それに慣れてきたら、4~5日に1回まで延ばします。水洗髪でも、皮脂はかなり落ちます。その水洗髪が4~5日に1回になれば、それだけ失われる皮脂が減って、その分、毛根に栄養がまわりますので、髪にコシやハリがますます感じられるようになるでしょう。それだけでなく、4~5日に1回の水洗髪をしばらく続けていて、皮脂の量が少なくなれば、この間隔でもニオイもベタつきもなくなるのですから、これはちょっと感動ものです。ただし、シャンプーをやめてすぐに、4~5日に1回の水洗髪に切り替えるなどというカゲキな行為は危険です。ジュクジュクと大量の皮脂が出ている段階では、1日1回、酸化した皮脂だけは流しておかなければなりません。大量の皮脂がたまって酸化して過酸化脂質になり、頭皮を刺激すれば、脂漏性皮膚炎を起こして、フケが粉のように落ちてくることになりかねません。
水洗髪への移行に、無理は禁物。行きつ戻りつしながらでも、水洗髪に完全移行できれば、うれしいことがたくさん待ちうけています。そのひとつが、コシやハリのある、太くて丈夫な髪になること、つまり、薄毛の予防につながることはいうまでもありません。
せっかく水洗髪に切り替えても、しばらくはベタつきやニオイ、かゆみなどを経験するかもしれません。それらに耐えられなくて、シャンプー洗髪に戻ってしまう人も、残念ながらいます。
ます。でも、このとき、ちょっとした対処法を知っていれば、きっと続けられるはずです。というわけで、まずは、ベタつきの対処法についてからみてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です