水洗髪の指使いや乾かし方は?

頭皮は指の腹で軽く、豆腐の表面や、うぶ毛を撫でるように洗います。力をいれすぎたり、爪を立てたりしないことです。頭皮を傷つけて、炎症を起こす原因にもなりますので。
髪が短ければ、頭皮を洗っているときに、毛髪の汚れも一緒に流れますが、ロングヘアの人ではブラシで梳かしながらシャワーで流すか、10本の指を使ってて「手グシ」の要領で、根元から毛先へ向かって梳かすつもりで洗いましょう。洗髪時に頭皮を洗う道具として、シリコン製のスカルプブラシなども売られています。毛穴の汚れがしっかりと落とせ、しかも、マッサージ効果も得られるとうたっているようですが、頭皮の潤いをとりさって、頭皮を傷つける可能性があります。ます。頭皮や毛根を洗うものとしては、指の腹以上にすぐれた道具はありません。よく、毛穴に皮脂の汚れが詰まった頭皮を見せながら、この皮脂の汚れをとって、て、毛穴をきれいにすれば、薄毛や抜け毛が防げる、といった類のコマーシャルも見かけます。これは科学的根拠のいっさいない迷信にすぎません。毛穴の皮脂をとりさることと、薄毛や抜け毛の予防との間にはなんの関連性も認められないことことは、皮膚科では常識です。
まずは、タオルでできるだけ乾かしておきます。ドライヤーをかける時間を大幅に短縮できます。乾いたタオルで髪を包んで、軽く押さえるか、たたくかして、髪の水分をタオルに吸わせます。髪が多い人はタオルをもう1枚使って2度拭きしたほうがいいかもしれません。最近の男性は髪が短くても、シャンプー後にはドライヤーで乾かすのがふつうだそうです。生まれたときから身近にドライヤーがあったためか、「シャンプーしたらドライヤー」が一連の流れとして、からだにしみついているかもしれません。
私はドライヤーを使ったことはほとんどありません。水洗髪が終わったらタオルで拭いて、自然乾燥させるだけです。髪の長さが5cmほどと短いから、自然乾燥でもあっという間に乾きます。ドライヤーは髪や頭皮を傷める原因にもなります。長いならともかく、髪が短ければ、男性であれ女性であれ、ドライヤーを使う必要はないと思います。ドライヤーのいちばんの問題は「熱」です。毛髪はケラチンとよばれるタンパク質でできていて、タンパク質は60度以上になると、変性してしまいます。また、たとえば、和紙をぬらして板の上などに広げたとします。自然乾燥だと、和紙は板にぴたっと貼りついたままの状態で乾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です