頭皮のべたつきがどうしても気になる場合は

シャンプーをやめた当初、いちばん多い悩みがベタつきかもしれません。ベタつきががまんできない場合も、シャンプーするのではなく、少し熱めのお湯で洗うことをおすすめします。
またたとえば1日2回水で洗うとか、あるいは、いっそのこと、できるだけ少量のシャンプーか純せっけんで洗髪するのもよいでしょう。シャンプーは絶対に使わないぞ、とはじめからあまり力まないほうが、挫折しないですむかもしれません。ただし、シャンプーをすればするほど、皮脂がジュクジュク出て、皮脂腺が肥大するということは、つねに意識して、なるべく、シャンプーの量を減らしていく努力は続けてください。この日々の努力がとても重要です。
シャンプーをしたくなったときには、舐めたり飲んだりできない気持ちの悪い液体が、頭から体内に入りこんで、髪の毛はもちろんのこと、からだまでも蝕むことをぜひ思い出してください。いずれにしても、シャンプーで洗っていれば、いつまでたっても皮脂の量は減らないし、ベタつきもおさまりません。ベタつきから解放されるには、シャンプーで洗わないこと以外に方法はないことを心に刻んでおいてください。水洗髪に切り替えたばかりの頃は、まだシャンプーを使いたくなる日もあるでしょう。そのようなときにはできれば、シャンプーではなく、純せっけんの使用をおすすめします。シャンプーなどの合成洗剤が化学的に合成された界面活性剤なのに対して、純せっけんはオリーブ油やヤシ油、パーム油などの植物性の油や、牛脂などの動物の脂をベースに苛性ソーダなどを加えることで、界面活性作用を持たせたものです。自然界にある原料からつくられている点が、合成洗剤のシャンプーとは決定的に異なります。純せっけんの洗浄力は合成洗剤と同程度か、それ以上あります。ただ、化学物質をいっさい含んでいないので、細胞毒性は少なく、合成洗剤のシャンプーよりもはるかに安全なのです。まずはぬるま水でしっかりと洗って、髪の汚れをあらかた落としておきます。すると、ごく少量のせっけんでたっぷり泡立ち、汚れも十分に落とせます(このことは、合成洗剤のシャンプーを使う場合でも同様です)。リンスには、薬局などで売られているクエン酸を使いましょう。クエン酸は梅干やレモン、お酢などに含まれているすっぱい成分。弱酸性です。重曹とともに、「エコ掃除」の2大スターともいうべき存在で、キッチンなどの水まわりやトイレの掃除などにも使われています。また、純せっけんを使った洗濯の最後に足すと、衣類がふんわりと仕上がることから、衣類のリンスとしても活用されているなど「エコ家事」の優等生です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です