頭皮のニオイが気になるときは

純せっけんはアルカリ性ですから、洗髪後に毛髪はアルカリ性に傾きますが、弱酸性のクエン酸を使うことで中和できるわけです。リンスのつくり方は簡単。洗面器1杯の、ぬるめの湯「ぬるま水」に小さじ約2分の1のクエン酸を入れて、よくかきまぜるだけです。分量を厳密に量らなくても、舐めてもすっぱくない程度のごく薄いものと覚えておけばいいでしょう。クエン酸のリンスを髪全体にいきわたらせたら、すぐに洗いながします。クエン酸のリンスにふれると、毛髪は一瞬にして中和されますので、時間をおく必要はありません。ゴワゴワしていた髪がすぐになめらかになり、指どおりもよくなります。刺激臭もまったくなく、使い勝手のよさは、かなりのものです。ごくごく薄い液とはいえ、クエン酸が肌につくと、多少の刺激になるかかもしれませんので、十分にすすぎましょう。
ニオイがどうしても気になるというなら、長髪の場合、髪をすっきりとうしろで束ねたり、毛先に香水などをつけたりして凌いではどうでしょう。
また、スポーツをして汗をかいたり、焼肉屋さんで焼肉を食べたり、あるいは、居酒屋で運悪くヘビースモーカーと隣り合わせになったりといったときなどでも、まずは水だけで洗ってみてください。ほとんどの場合、ニオイは気にならないくらいになるはずです。それでも気になるなら、お湯で洗髪してください。ください。それでもニオイが気になる場合に限って、少量のシャンプー、できればせっけんシャンプーを使うのはしかたがないかもしれません。男性であれ、女性であれ、ブラッシングは必ずして下さい。ベタつきやニオイ、かゆみが気になったときも、シャンプーに手を伸ばすまえにブラッシングをしてください。
ブラシをかけることで、それらの元となる髪や頭皮の余分な皮脂や過酸化脂質などが、ブラシの毛にからめとられるのです。まず、ブラシ選びですが、なるべくやや目の細かいものを選んでください。できれば、獣毛(イノシシやブタの毛)のものなら静電気が起きにくく、頭皮へのあたりもやさしくて、さらに、髪につやをもたらすというオマケまでつきます。ただ、値段が高く、手入れも少々めんどうかもしれません。いっぽう、ナイロンやプラスティックのブラシは静電気が起きやすく、髪につやも出ませんが、獣毛ブラシよりも安くて、手入れも簡単です。ニオイやベタつき、かゆみなどの元となる汚れをとるだけが目的なら、獣毛のブラシでも、ナイロンやプラスティックでもかまいません。自分に合うものを選びましょう。ニオイや皮脂汚れを落とす人気のシャンプーを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です